■NAVIコラム■

投資競馬で勝ち組に
なれ!エントリー無料!


2007年10月29日(月) [ 榎本 正男 ]
天皇賞 回顧と検証
武豊=メイショウサムソンが快勝!

好位5番手でレースを進めた1番人気のメイショウサムソンが、直線早めに先頭に立ち、そのまま押し切った。勝ちタイム1分58秒4(2000m、稍重)。2着は2馬身1/2差でアグネスアーク。

さらにクビ差後れの3着にカンパニー。4着ポップロック、5着コスモバルクの順。2番人気のアドマイヤムーンは直線伸びを欠き、6着。3番人気のダイワメジャーは9着に終わった。

「完璧」と言っていい武豊騎手の騎乗だった。1番枠から好スタートを決めたメイショウサムソン=武豊は、コスモバルク、デルタブルース、エイシンデピュティ、シャドウゲイトら“行きたい”馬を行かせて5番手。荒れた内ラチ沿いを避けて終始流れに乗ってレースを進めた。4コーナーを回って直線へ向くとインから抜け出し、馬場のいい外側へ持ち出してスパート。もみ合う後続を尻目に危なげなくゴールインした。東京2000メートルの内枠の有利さをフルに活かした好騎乗だった。外を回った馬とは走った距離が違う。それでなかったら、この日の馬場コンディションで、レコード(1分58秒0、シンボリクリスエス、平成15年)に0秒4差のタイムは出ていなかったはずだ。

2着争いは、メイショウサムソンに続くダイワメジャー以下のグループから伸びたアグネスアークと、その後ろから追い上げたカンパニーの競り合いになったが、ゴール寸前でアグネスアークがしぶとさを発揮した。心配された馬体の細化も、前走の毎日王冠(2着)と同じ430キロをキープ。今年の前半戦までとは一皮剥けたようなレースぶりで、欲を言えば馬体がもう一回り大きくなればと思われる。カンパニーも本調子だ。

残念だったのは、直線のこれからというときに危険なプレーがあったこと。エイシンデピュティ=柴山雄騎手が外に斜行。横に開いて追い上げ態勢だった各馬が不利を受けた。アグネスアーク、シャドウゲイト、ダイワメジャー、アドマイヤムーンへの走行妨害ということで8位入線から14着に降着になったが、真ん中から外にいたそのほかの馬も影響を受けていた。コスモバルクにも原因があった(五十嵐騎手が戒告処分)そうだが。

アドマイヤムーンはその不利はあったにしても、本来の伸び脚はなかった。馬体重はプラス4キロで一見仕上がった体に見えたが、追い切りで一度も速いタイムをマークしていなかった。休み明けで息がもたなかったと思う。次は良くなるだろう。
ダイワメジャーは、深いブリンカー(遮眼具)を付けているのでエイシンデピュティの斜行のあおりをもろに受けたか。跳びが大きいので馬場がこたえたか、昨年より力が落ちているのか、意見が分かれよう。
4番人気だったポップロックは伸びそうで伸び切れなかった。走行妨害を受けた対象馬にはなっていないものの影響があったと思われる。レース前の雰囲気は非常に良かった。


一覧へ
競馬ナビTOP
(C)KEIBA NAVI.