■NAVIコラム■

投資競馬で勝ち組に
なれ!エントリー無料!


2007年10月17日(水) [ 榎本 正男 ]
秋華賞、回顧と検証

ダイワスカーレットが横綱相撲で3歳牝馬のトップの座についた。2番手から4コーナーで早くも先頭。最後までフットワークを乱すことなく押し切った。

2着に1馬身1/4差でレインダンス。追い込んだウオッカは2着にクビ差届かず3着に終わった。後方から直線勝負に賭けたベッラレイアは4着。勝ちタイム1分59秒1(2000m、良)。

何度も同じフレーズを繰り返してきたが、今年の3歳牝馬(トップクラス)は強い。ダイワスカーレットのレースぶりを見て、改めてそれを感じた。パドックではそんなことはなかったが、馬場に入ってからテンションが上がって“これは掛かりそうだな(折り合いを欠く)”という心配があった。実際に掛かり気味に先行するレースになった。鞍上の安藤勝が先頭のヒシアスペンから馬体を離した位置において、早めに馬なりで行かせる技術もあったが、失速してもおかしくない。それでいて上がり3ハロン33秒台なのだから、このレースでは後方からの追い込み勢には出番は無かった。

追走グループの中から脚を伸ばしたレインダンスが2着。前哨戦ローズS(3着)で2着のベッラレイアに簡単に抜かせなかったように、力を付けているのは確かだった。これは負けて悔い無しの好走だろう。

ウオッカは結果的に3着に終わってしまったが、半マイル標識あたりから追い上げた脚はすごかった。後ろから5頭目の位置。ダービーでの感触から末脚勝負に出たのも分かるが、先行勢に有利な内回りコースで早めに追い上げざるをえなかった。宝塚記念で大敗し、いろいろあってぶっつけ本番が心配されたが、負けても強かった内容。何故かホッとした。余談になるが、もう1週待って菊花賞、あるいは2週後の東京の天皇賞・秋に挑戦していたらどうなっていただろうか? ダービーに次ぐ快挙があったかもしれない。

ベッラレイアはウオッカよりさらに後ろ。その後ろには1頭しかいないという位置取りになった。掛かりそうな手応えで行くに行けなかったと思われる。難しいところだ。それでも、4コーナーで大外に振られながら4着まで来るのだから、脚は持っている。今後、本領を発揮するチャンスはあるはずだ。


一覧へ
競馬ナビTOP
(C)KEIBA NAVI.