■NAVIコラム■

投資競馬で勝ち組に
なれ!エントリー無料!


2007年11月12日(月) [ 榎本 正男 ]
エリザベス女王杯、回顧と検証
強い! ダイワスカーレットが圧勝

好スタートで先頭に立ったダイワスカーレットが、そのまま後続を抑えて牝馬ナンバーワンの座を手にした。3/4馬身差2着にフサイチパンドラ、3着はさらに1馬身1/4差でスイープトウショウ。勝ちタイム2分11秒9(2200m、良)。

早朝、対決が注目されていたウオッカの出走取消が発表されてファンをがっかりさせたが、ダイワスカーレットが強いレースを見せてそんなファンを納得させた。スタート良くゲートを出たスカーレット=安藤勝巳は、逃げに出る馬がいたら“お先にどうぞ”という素振りだったが、だれも行かない。スタートでもたついたアサヒライジングが行きかけたが、2番手に控えた。内からデアリングハート、ローブデコルテが3、4番手。外からフサイチパンドラが5番手に付けて、レースは淡々と進んだ。
3コーナーの坂の手前で業を煮やした(?)フサイチパンドラのルメール騎手が追い上げて3番手に上がったのが動きらしい動き。さすがに4コーナーにさしかかるとピッチが上がり、アサヒライジング、フサイチパンドラが接近したが、直線に向いてスパートしたダイワスカーレットはそれ以上、差を詰めさせなかった。上がり3ハロン34秒1。必死に追いかけるフサイチパンドラも、どうにもならない3/4馬身差だった。
秋初戦のローズステークス(1800m)でベッラレイアに1/2馬身差に迫られ、距離が延びてどうか?が不安視された。ところが2000mの秋華賞を勝ち、そして古馬相手のこの2200mでも正攻法で押し切った。レースをする毎に強くなっている感じで、精神面での成長も見逃せない。ウオッカが出ていたらどうなっていただろうか。改めて次の対戦を楽しみに待ちたい。

フサイチパンドラは自分で動いての2着で、健闘が称えられる。春後半は不振だったが、このぐらいの距離のほうが向いているとみていいだろう。状態も上がっている。
6歳になったスイープトウショウが6、7番手からインを突いて3着と善戦した。休み明けの前走と同じ480キロでの出走で息切れが心配だったが、かつての女王らしい面影は見せた。
末脚勝負に賭けたディアデラノビア、アドマイヤキッスがそれぞれ4着、5着。先頭のダイワスカーレット、2番手フサイチパンドラに追い込み馬なみの脚で上げられては、これが精一杯だった。内容は悪くないので、展開が向くレースなら今後期待できる。


一覧へ
競馬ナビTOP
(C)KEIBA NAVI.